ご予約・お問い合わせ03-6274-6007

診療時間 : 9:3013:00 / 14:3018:30

営業日:月~土 / 休診日:日祝完全予約制

電話する

患者さま一人ひとりが
安心して受けられる医療を目指して

image

かつて「ぜいたく病」と言われた糖尿病は、食べ過ぎや運動不足が原因とされていました。しかし近年の厚生労働省の調査によると、体重・BMI(肥満指数)・摂取カロリーは減少傾向にあるにも関わらず、糖尿病患者の数は増加の一途をたどっています。また、「太っている」「やせている」など体型に関係なく、糖尿病患者の約3分の1が睡眠呼吸障害を合併していることが報告されています。糖尿病には、食事・運動に加えてストレスや睡眠など、様々な要因が関わっているのです。

より良い医療につなげるために

image

糖尿病医療は日々、進歩しています。国内外では毎年数多くの研究成果が発表されており、新薬の登場や治療指針の見直しが行われています。より良い医療のためには「つねに新しい知識を取り入れ、最良の治療法を見極める」こと、「多様化する医療ニーズに幅広く対応し医療技術の向上に努める」ことが重要となります。私たちはこれからも、患者さまが安心して受けられる医療サービスの提供に尽力いたします。

銀座クリニックは
「医療法人みなとみらい」の
グループ施設です

image

医療法人みなとみらいは、神奈川県の横浜市、逗子市、藤沢市、東京都新宿区で展開する糖尿病、生活習慣病、内分泌・甲状腺、睡眠時無呼吸症候群 (SAS) の専門医療機関です。専門的な医療環境を整えた、まちのクリニックとして、個々のライフスタイルに応じた診療を行なっています。治療を継続していく上での悩み、不安、疑問、日常のケアなど療養上の困難に対して、医療スタッフがサポートするなど、医療サービスの充実をはかっています。

銀座クリニック設立の趣旨

image

医療法人みなとみらい 理事長 田中 俊一

医療法人みなとみらいを設立して今年の10月で22年になります。1997年の開設から10年間は、大学の教員として研究生活をする傍ら、“最高の医療を最善のサービスで提供する”ことをモットーに、糖尿病の専門クリニックを横浜を中心に神奈川県内で4カ所開設し、微力ながら地域医療に貢献してきました。その後、2007年の大学退職からの10年間は、糖尿病や生活習慣病発症の主要な成因である睡眠時無呼吸の治療を診療の根幹に据え、“睡眠から糖尿病、高血圧を治療する”ことに専念してきました。その間、みなとみらいに国内最大級の睡眠時無呼吸診断治療センターを立ち上げ、東京の新宿を含む3カ所の専門クリニックを開設してきました。2017年、ある銀座のビルのオーナーから、銀座で何か新しいことをしないか?と声をかけられ、やりたいですね、とお答えした後、何をするかを考え始めました。考え抜いて得た結論は、これまでの医療に足りない事をしょう!と言うことでした。思い浮かんだのは3つの点でした。まず、第一に、“睡眠や運動、食事などの生活習慣情報をデジタル化して可視化しそれに基づいて診療すること(科学的医療)”、第二に、“生活習慣病になる前の未病の段階で医療を開始すること (未病医療)”、第三に、“現在病気でない人を将来も病気ではない状態に維持すること (予防医療)” です。その後、約1年半ほど準備し、科学的医療に必要な患者情報収集のためのデバイス開発と収集した患者情報と医療情報を統合管理するシステム、未病医療実施のための診療プログラム、予防医療に必要なツールの三点の準備が整い、2019年8月1日に「銀座クリニック」を開院することとなりました。